vs. 潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎(UC)術後患者による、のらりくらりブログ。 大腸なくてもそれなりに元気です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

毎日を精一杯に

明日は、敬老の日。

台風で明日は会いに行けないかもしれないので
近所に住むうちのおばあちゃんには、昨日会ったときに
タクシー券を渡しておきました。
(おばあちゃんは病院通いにたまにタクシーを使います)

昨年の調査では日本人女性の平均寿命は、86.41歳だそうです。

寿命が尽きるまで、健康で楽しく過ごすことができれば
それは本当に、本当にしあわせなことだと思います。

マイナス大腸のわたくし、いつまで生きるのかは
分かりませんが、もし長生きすることがあれば
あやかりたいのは、このお二人。

笹本恒子さん、98歳!
吉沢久子さん、95歳!

おふたりの共著
「はつらつ!」



以下、引用です。

精一杯生きていれば、あとはもう、なるようになる。
そう覚悟を決めていますから、心は満ちています。
                 ――吉沢久子


なんて潔いのだろう。
そんなふうな心持ちで生きてけたらな。

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2013/09/15 】 書籍 | TB(0) | CM(2)

一気読み!

勤労感謝の日でしたね。
私は仕事でした。

電車がいつもより空いていて
得した気分。


最近、はまった小説。

内館牧子著「十二単衣を着た悪魔」

もう一気読みでした。

源氏物語が元ネタですが、すっごく面白くって
荒唐無稽な設定もまったく気にならず
ぐいぐい読んじゃいました。
おすすめです♪






にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
【 2012/11/23 】 書籍 | TB(0) | CM(0)

読書の秋

「やるべきこと」がたくさんあるのに
それらは棚上げ、ぎりぎりまで先送りして
「秋の読書」なんぞを愉しむわたくし・・・

(いけないと分かっていながらも、やめられないもの
→ 試験前の大掃そうじ、締め切り前の読書などなど)

「原発と祈り」
思想家/武道家の内田樹氏×精神科医(テレビでもよく見ますが)の名越康文氏の
対談形式の読み物。



元々は「ダ・ヴィンチ」誌の企画だったらしく
そこに参加されていた橋口いくよさんという方(知らなったのですが作家さんらしいです)が
聞き手として登場されているのですが、この方、3.11以降、福島原発に向かって
「祈っている」のだそうです。一日に何度も「祈る」とのこと。

長いですが、その祈り、引用させていただきます。

今まで休まずに電気を届けてくれてありがとう。どうか穏やかな最期を迎えてください。
あなたの痛くない、苦しくない最期のために、今人間は必死です。
どうかそれを受け入れてください。正直、今人間たちがしていることは、自分たちの
今まで築き上げてきた生活を守るためです。そのために命をかけています。
その守りたいものは、あなたが何十年も眠らずに働き続けたからこそあることに、
私たちは気づけているでしょうか。快適な温度のお部屋、夜遅くでも開いているお店、
身の回りのたくさんのものたち、安心を連れてくる光。
たくさんのキラキラした思い出。あなたたちの手助けがあったから、私たちの今がある。
それを忘れて、事故でひどいめにあったあなたたちを“処理”しようと思っている。
本当にごめんなさい。
人間の恐怖心は受け止めず、どうか感謝の気持ちだけを受け取ってください。
私は、ここから祈り続けます。
こんなつらい事故は、もう二度とあってはならないと思っています。
今まで電気をくれたこと、色んな豊かさをもたらしてくれたこと、心から感謝しています。
今まで本当にありがとう。どうか穏やかに。
 (pp.154-5)

そうか、祈り、感謝しよう、「ありがとう」を送ろうと思いました。

というのも、私は震災以降ずっと
「ごめんなさい」と思い続けてきました。
はっきりとその対象を意識してはいませんが
ただ、とにかく「すみません」「許してほしい」
っていう気持ちになってました。

これからは、祈って感謝しようと思いました。

(私は特に信仰している宗教はありません。
でも、「祈る気持ち」はものすごく腑に落ちるのです。
うまく説明できませんが)


にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
【 2012/10/28 】 書籍 | TB(0) | CM(2)

スタイルのある女性

外はすごい雨で、このまま降り続いたら
結構やばいんじゃないか?というくらいです…


図書館で借りました

デザイナーの島田順子さんの本
ずっと気になってました




いやぁ、
いくつになっても女はヒールだわ、やっぱり!

JunkoS.jpg


脚がきれいっていうのは、それだけで
すっごいすてきな洋服を何着も持ってることに匹敵すると思います


これはもう見せていかないとこんなふうにはなれないんだろうな
(よしスカート率をあげてこう!)


スタイルがある年上女性

あこがれますね


にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
【 2012/06/16 】 書籍 | TB(0) | CM(2)

YA本で現実逃避

まだまだ寒いですね。

さてさて
世の中にはいろんな略語がありますが
YA という略語、ご存知ですか?

YA ヤングアダルトの略で、書籍のジャンルだそうです。
だいたい13歳~18歳あたり、つまり中高生対象に書かれた物語のジャンルです。
児童書(絵本)と一般書(大人が読むもの)のあいだって感じですね。

ふとしたきっかけでこのYA本にハマってまして…

やるべきことがいっぱいあるのに、どっさり借りてきて
没頭して読み切ってしまうということを繰り返しております。

その中でも面白くて一気読みしたのが

「ライオンとであった少女」
原題:Abela: The Girl Who Saw Lions
トゥルー・ビリーヴァー」
原題:True Believer





イギリス、アメリカ社会の様子もほの見えて
しかもお話にもぐいぐい引っ張られるし
本を読むって、物語って楽しいとまた新たに思いました。

しかも、あぁあれもこれもやらなきゃ
いろんなことを後回しにしていいのか、わたし??
‐‐‐とか思いながら読む

そういう罪悪感に苛まれながら読むのが
またなんともかんとも…

ほかにもまだベッドサイドに「積ん読本」があるんで
まだまだやめられそうにありません

これは軽い現実逃避ですね。



にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
【 2012/02/15 】 書籍 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。